ダイエット成功の法則※日本人に向いたダイエット方法で痩せる!

 

日本人に三人に一人は太りやすい遺伝子を持っている

日本人向きのダイエット成功法

テレビや雑誌を見ても、ダイエット、痩身法、痩せたい、痩せる方法などの言葉が溢れていますよね。それだけたくさんの人が痩せたいと思っているってことですよね。そして思うようにダイエットが出来ていないってことですよね。

 

ダイエットがなかなか成功できないのはなぜでしょうかね・・・

 

ダイエットの基本は、消費エネルギー量より摂取エネルギー量を少なくすることですよね。消費エネルギーは、生きていいくのに必要最低限のエネルギー量である基礎代謝と、運動エネルギーと、食事に伴う食事誘発産生です。だから基礎代謝と同じエネルギー量と同じだけを摂取するようにすれば、運動をした分と食事による熱産生分は減量することになりますよね。

 

基礎代謝量ってどれくらいあるのか知っていますか?

 

男性の平均は1500キロカロリー/日、女性の平均は1200キロカロリー/日と言われています。この1200キロカロリー、1500キロカロリーに食事指導を受けても痩せにくい人がいるんですよね。計算上では痩せていくはずなのに・・・

 

問題はこの基礎代謝量にあるようです。確かに男性の平均は1500キロカロリー/日、女性の平均は1200キロカロリー/日と言われているのですが、個別に見ていくと600キロカロリーの人もいますし、2400キロカロリーの人もいるわけです。だから平均値を目標にしていても、当てはまらない人が出てくるわけですね。

 

さらに肥満外来の調査では、β3アドレナリン受容体という遺伝子の突然変異が見つかったのですが、これらの人は肥満や糖尿病にやりやすいことが分かったそうです。その割合は34%。つまり三人に一人は太りやすい遺伝子を持っているので、普通の人と同じような食べていても太り痩せにくいということになります。なかなか痩せられない人は、この遺伝子を持っている可能性がありますよね。

β3アドレナリン受容体という遺伝子の突然変異

日本人向きのダイエット成功法

肥満ってカラダに必要以上に脂肪が溜った状態のことです。脂肪細胞は、白色脂肪組織と褐色脂肪組織の2種類がありますが、一般的に体脂肪と呼ばれてカラダにエネルギーを溜めこむのは白色脂肪組織です。もう一つの褐色脂肪組織は、脂肪や糖分を燃やす役割を持っています。

 

β3アドレナリン受容体はノルアドレナリンというホルモンと結合して、褐色脂肪組織を活性化して、白色脂肪組織を溶かす働きをするので、肥満を防ぐ遺伝子なんですね。β3アドレナリン受容体が変異したものは、脂肪をためやすく燃焼しにくい方向に働きが変わってしまっています。

 

多くの日本人にこの遺伝子の変異が起こっているのは、食糧不足のなかで生き延びるためと考えられています。摂取したエネルギーを最大限に吸収して、消費エネルギーを最小限に抑えられるように変化していったのです。でも現代のような飽食の時代では、肥満を招いて、糖尿病などにもかかりやすくなってしまいます。このβ3アドレナリン受容体のような肥満に関連する遺伝子は10種類以上も派遣されているとか。

 

食事制限をしても痩せにくい人は、医療機関で遺伝子検査を受けてみるのもいいかもしれないですね。

子供の頃の食生活が影響している

日本人向きのダイエット成功法

子供のころにどんな食生活を送っていたかも肥満に影響を与えますね。日本人は欧米人に比べてインスリンというホルモンの分泌能力が弱いので、太っているといっても体重100キロ前後が限度で、200キロも300キロもあるような人はほとんど見かけません。

 

インスリンは食べた物をエネルギー現としてカラダに蓄積するホルモンです。だから肥満の人は過剰に分泌されているようです。でも日本人はインスリンが過剰に分泌される状態は10年ほどなので、エネルギーがカラダに蓄積されないで、尿とともに胚珠ルされるので痩せていくんです。だから日本人は超肥満にはならない民族なんですね。

 

欧米人はインスリンが過剰に分泌される状態が20年も30年も続くので、超肥満の人が出てくるのですね。こうなると糖尿病だけでなく、心筋梗塞など、心臓への負担も大きくなるから要注意です。

 

ただ最近は日本人の体質に変化が表れています。このまま成長していくと超肥満になると思われる子供も多くなっています。これは食生活の変化が考えられます。インスリンの分泌能力も、子供の頃の食生活によって変わってくるというので、要注意ですね。

 

どれだけ太るのは脂肪の貯蔵庫の白色脂肪組織の細胞の量で変わります。白色脂肪組織の細胞が急増する時期は、生まれる1か月前、生まれてからの1年、13〜15歳の思春期です。この時期に高脂肪や高エネルギーのものをとりすぎると、白色脂肪細胞が非常に増えるので、生来的に超肥満になりやすくなるらしいです。

 

飽食の時代に生まれ育った子供たちは、欧米風の食事やスナック菓子を口にする機会が多いですし、インスリン分泌能力も欧米人並みになってきています。食生活が変化してきているのですが、心がけや努力で肥満になることを防ぐこともできますが、今の人は超肥満になる可能性があることはしっかりと認識しておく必要があります。

ささいなストレスが肥満のもと

ダイエットをしている人でも、ついついケーキやお菓子を食べてしまう人って多いですよね。でもその原因を聞いてみると、何かストレスを感じた時に手を出しているケースが多いようです。

 

ストレスがかかると、脳内で興奮を抑える神経伝達物質のセロトニンが減少してイライラすることになります。食欲もなくなるような強いストレスではやせ細っていきますけど、ごく弱いストレスの場合は、甘いものでごまかすことができるようなんです。例えば・・・

 

嫁姑の確執
夫の帰りが遅い
子供の受験
借金やローン
夫の浮気

 

これはある地域の肥満外来での調査結果ですので、地域や年代によっても内容が変わってきます。でも甘いものに手が伸びる原因は、日常にある出来ごとだと言うのが分かりますね。これが過食の原因にもなり、肥満につながったりもします。このストレスを取り除くことでダイエットの成功率が大きくアップするんですね。

 

ダイエットが成功しない人、リバウンドを繰り返す人は、日常のストレスをじっくりと見直してみる必要がありそうですね。このストレスを解消しないことには、ダイエットの成功も見えてきませんよ。

エステはスキンケアとしても利用できます

エステはスキンケアとしても利用できますが、しつこい毛穴の汚れも取って新陳代謝も盛んになるでしょう。肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。スキンケアのステップにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力をグンと上げることができると話題です。オイルの種類を選ぶことによってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを活用するといいでしょう。オイルの質によって左右されるので、新鮮なものを選ぶことも重要です。お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするなどということが大切です。しかし、体の中からケアしてあげることももっと重要です。暴飲暴食や寝不足、タバコを吸うといった生活をしていると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、肌の状態を悪化させる一方です。食事等の生活習慣を改善することで、肌を体の内部からケアすることができます。スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと肌の湿度を一定に保つことです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌に問題が発生します。また、肌が乾燥してしまうことも肌を保護する機能を弱体化させてしまうので、保湿は必ず行ってください。しかし、余計に保湿を行っても肌のためにはなりません。お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、小鼻の毛穴に残った皮脂を除去したりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。ただし、良いオリーブオイルを塗らなければ、皮膚の状態に何か支障が出ることもあります。そしてまた、自分には違うなと思った時もただちに使用を中止してください。オールインワン化粧品で肌ケアをしている人もかなりいます。オールインワン化粧品のメリットは、ぱぱっとお手入れ完了なので、使用者が増加しているのも当然であると言えましょう。様々な種類の商品に惑わされるよりもお財布にも優しいのが特徴です。ただし、人によってあまり効果がでない場合もありますので、配合成分をよく読み、ご自身のお肌とご相談ください。乾燥肌の方がスキンケアで気をつけないといけないことはお肌の水分を保つことです。さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも大事なことです。高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。洗顔に使用するお湯の温度ですが熱すぎるお湯では洗顔料と一緒に皮脂も落ちてしまうので気をつけてください。保湿に加えて、洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性がどんどん増えています。化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。もちろん、日々の食事にとりいれるのもお肌にいい影響を与えます。ですが、体に吸収されるものですので質の良さにはこだわって選んでくださいね。スキンケアにはアンチエイジング対策用の化粧品を使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどがゆっくりにすることができます。しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、老化現象のほうが早く進み、効き目を感じることは難しいでしょう。肌に体の中から働きかけてケアすることも大切なのです。スキンケアで気をつけることの一つが洗顔です。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないと肌が荒れる原因になってしまいます。しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、荒れた肌になってしまうでしょう。また、適切な洗い方とはやり方といったものがあり、肌にとって一番いい方法で行って下さい。

エステ用に開発された機器などでうるおいをキープ

エステをスキンケアのために行かれる方もいらっしゃいますが、効果はいかほどでしょう。エステ用に開発された機器などでうるおいをキープします。滞りがちな血行もスムーズに流れますからエステを訪れフェイシャルコースを受けた人がかなりの割合でお肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。ですが、お肌に内側からケアをするということもそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などが重なると、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌は綺麗になりません。生活のリズムを整えることにより、肌を体の内部からケアすることができます。お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、プラスアルファの栄養分として湿布したり、溜まっている小鼻の皮脂の汚れをきれいにしたりと、使われ方は一つではないようです。そうは言っても、良質なオリーブオイルを利用するのでなければ、肌が困った状態になることもあるのです。そしてまた、少しでも変わったことがあれば早めに使うのをやめて下さい。スキンケアといえばオイル!という女性も増加傾向にあります。スキンケアのステップにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力アップを期待できます。様々なオイルがあり、種類によっても効き目が違いますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを探してみてください。質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、新鮮なものを選ぶことも重要です。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。スキンケアは全く行わず肌天然の保湿力を守っていくいう姿勢です。では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。クレンジングは必須ですし、クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が加速します。気分によっては肌断食もいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみといった肌の老化現象をゆっくりにすることができます。しかし、アンチエイジング化粧品を使っているからといって、身体に悪い生活ばかりしていては、肌の老化のほうが優ってしまい効果は感じにくいでしょう。身体の内部からお肌に働きかけることも忘れてはいけないことなのです。肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが必要です。365日全くかわらない方法でお肌をお手入れすれば大丈夫ということはないのです。今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように区別することがお肌のためなのです。肌にふれる空気や気候に応じて方法を使い分けることもお肌のためなのです。スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないものを一番大切です。保存料などは刺激が強くかゆみや赤みを引き起こしがちで、何が入っているのか、しっかり確認することが大切です。CMや値段に惑わされず自分の肌にあったものを選びましょう。スキンケア、正しい順番で使っていますか?適切な使い方をしなければ効果が得られないかもしれません。洗顔のあとは急いで化粧水で肌の補水を行います。美容液を使いたいという人は化粧水の後になります。それから乳液、クリームと続きます。お肌の補水をしっかりとしてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。メイク落としとしても使えますし、フェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。当然、食べる事でもスキンケアにつなげることができます。ですが、体に吸収されるものですので質の良さには十分に気を使って選んでくださいね。